18th 2016f 9月 2016

Posted in: 未分類

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドで、USB DACを搭載した、Bluetooth対応CDミニコンポ「X-U6」を9月下旬に発売します。NFC機能を備え、対応するスマートフォン(スマホ)をかざすだけで接続できるようになっています。Bluetoothに対応する機器とワイヤレスで接続できるほか、iPod/iPhone/iPadをUSB端子に接続すれば、音楽を再生しながら充電もでき、PCと接続できるPC入力(USB TypeB)端子も備え、PC内に保存している音楽データも高品位に再生できます。また、AMラジオの番組をFMで補完放送する「ワイドFM」に対応し、AMラジオが入りにくい場所でも、FM放送でAMの番組を聴くことができます。1回動作、毎日動作、指定した曜日に毎回動作の3種類を選べる「タイマー機能」を搭載し、設定は4つまで保存できます。設定時間が経過すると自動的にスタンバイ状態になるスリープタイマー機能も備えています。インテリアに合わせやすいよう、つなぎ目をなくしたシームレスなデザインに仕上げてあり、独自のオーディオ設計によって、さまざまなジャンルの音楽をバランス良く再生し、自然な音色を楽しめます。再生周波数帯域は80Hz~20kHz。価格はオープンで、税抜の実勢価格は3万円前後の見込みとなっています。

Tags:

04th 2016f 9月 2016

Posted in: 未分類

日本でリリースされてから1か月が経とうとしているスマホゲームアプリ『ポケモンGO』。これまでリリースされたどの大ヒットゲーム作よりも最速でアプリランキング1位となり、同期間での過去最多ダウンロード数を更新するなど、かつて経験したことのないほどのムーブメントを生み出しています。このゲームがもたらした最大の功績は、人々に「拡張現実(AR~Augmented Reality System)」の世界を体験させ、認知させたことにあるだろう。「こんな世界があったのか」と思わせるには、『ポケモンGO』ほど有力なツールはなかったのではないでしょうか。AR自体は2009年頃からネット企業や情報技術の世界では注目されていた技術で、すでにこれまでも色々なサービスが考案されている。それが『ポケモンGO』によってようやく世間の注目を集めるようになったわけですが、過去の新技術も誕生から普及までに一定の年月を要し、また象徴的な製品が普及に貢献してきているのです。例えば、パーソナルコンピューターという概念自体は半世紀ほど前からあったのですが、実際には『Windows 95』の登場によって1995年より人々に広く普及しはじめたのと同じようなものです。また、モバイル、スマートフォン時代の幕開けは、2007年の「iPhone」登場がきっかけだったのですが、当初、大手金融機関より「こんなものは売れない」などというレポートも出ていたのが、フェイスブックが上場した2012年頃から本格的にスマホが普及しはじめました。その頃ようやく「モバイルを制するものはインターネット市場を制する」とも言われ出したのだ。今やモバイルはトレンドでなくなり、誰もが利用する空気のような存在となったのです。
必ず押さえたいスマホバッテリーの基本

Tags:

31st 2016f 8月 2016

Posted in: 未分類

アキバで売れているのがモバイルバッテリーです。ポケモンGOはプレー時のバッテリー消費が激しいことで知られ、スマホ本体のバッテリーだけではとても1日は持ちません。バッテリー切れを気にせず楽しみたい人が、続々とモバイルバッテリーを買い求めているのです。あきばお~の小波津義隆氏は、「ポケモンGOが配信されてから、モバイルバッテリーの売り上げが明らかに伸びた」と話します。同店は、独自ルートで中国から直輸入したモバイルバッテリーを多数そろえており、iPhoneを3回フル充電できる10000mAhの大容量タイプも1389円(税別)という安さで並んでいました。大型量販店では見かけないユニークなノーブランドの格安品が手に入ることが注目されているようです。しかし、小波津氏は「ひとくくりに格安品といっても、チェックすべきポイントはある」と解説します。そのポイントが、使われているバッテリーのセルのメーカーや生産国だ。パナソニックをはじめとした国内メーカー製のセルは基本的に性能が高く、セル1個あたりの容量が大きいのです。つまり、同じ容量のモバイルバッテリーでも、海外メーカー製のセルを採用した製品よりも小型軽量で済む場合がほとんどで、モバイルバッテリーはお荷物だと感じるアイテムなので、少しでも小さく軽いものを探すとなると「国内メーカー製セル搭載」がキーワードになるわけです。国内メーカー製のセルは1000回以上の充放電に対応するなど、バッテリー自体の寿命が長いというメリットもあります。
 forbesjapan.com

Tags:

30th 2016f 8月 2016

Posted in: 未分類

ポケモンの楽しみが収集=ポケモン図鑑の完成だ。自分でコツコツ1匹ずつ捕まえていくのももちろん面白いものだが、せっかくのポケモンの世界なのだ、やはりプレイヤー間でポケモンをトレードしたいのです。これに関しては、ポケモンGOの開発元である米ナイアンティックのジョン・ハンケCEOが、海外イベントで「トレード機能の開発を進めている」と明言したとのことで時期については未定のようですが、将来的に実装されたとしたらキラーコンテンツになるのは間違いないでしょう。ポケモンGOのβテスト版では、近くにいるユーザーとだけトレードできる仕様だったようですが、この辺りのアップデートにも期待したいところです。すれ違い通信なども活用できるとゲームの幅が広がりそうです。また、本家ポケモンでは、トレードすることによって進化するポケモンがいたり、トレードしたポケモンは経験値を多く獲得できたりしています。こうした機能を入れ込むのも有力かもしれません。さらに、地域格差の解消としては、プレイヤーの絶対数が少ないことも問題があります。ポケストップに設置するとポケモンの出現率を上げられるアイテム「ルアーモジュール」は、使用したプレイヤー以外もその恩恵を受けられのですが、同地域のプレイヤー数が少なければそうしたポケストップを見つけることは難しいです。一方で都市部では、一日中途切れることなく花びらが舞っている(=ルアーモジュールが使われている)ポケストップが数多くあり、短時間で大量のポケモンを捕獲するのも容易となっています。

Tags:

04th 2016f 8月 2016

Posted in: 未分類

スマホ比較しましょう。今、スマホはじめてという人たちはどのようなスマートフォンを選択すればいいのでしょうか。FREETELも、とても評判のいい格安スマホを提供してくれています。私達は、FREETELのスマートフォンを購入すれば、
初期設定済みで配送されるので、すぐに使用することが出来るのです。LINEなどのSNSデータ通信量が無料、
使った分だけ請求出来る安心プランがあります。299円から使える格安スマホとは、この
FREETELのスマートフォンのことのようです。

でも、ツタヤと比較すれば、ツタヤの方がちょっと上を行き、ツタヤは至れり尽くせりという感じもします。FREETELを選択すれば、メールの設定は自分でしなければならないようですし。

更に格安スマホ楽天モバイルもおすすめです。 楽天では高額楽天ポイントバックや端末大幅割引などなどいろいろありがたいサービスを提供してくれています。電話かけ放題オプションもありますし。

http://www.cafeglobe.com/2016/07/05522505522524_smartphone_camera.html

Tags:

03rd 2016f 8月 2016

Posted in: 未分類

格安スマホやSIMフリーが普及してきた昨今…私の周りでも少しずつMVNOユーザーが増えてきました。先日、MM総研が国内におけるMVNOの利用状況に関する調査結果(MVNO主要8事業者の回線速度調査、対象:MVNOユーザー3690人)を発表しました。総合的な利用満足度について質問したところ、「大変満足」と「やや満足」の合計満足度は62.7%だったそう。満足度が最も高かった項目は「月額費用」(87.4%)で、それに続いて「データ容量」(69.0%)、「初期費用」(65.5%)、「回線速度」(65.2%)という結果になったそうです。やはりコスト面が一番メリットがあるみたいですね。キャリアとMVNOのについての質問(23項目)は、全項目で「今のMVNOで満足」が「価格が高くてもキャリアの方がよかった」を上回っていたのだとか。実際のMVNOユーザーの声を聞くとキャリアよりMVNOに乗り換えた方が良いのかなぁと思ってしまいました。ちなみにセキュリティ・メール・端末補償・Wi-Fiは『BIGLOBE SIM』、追加SIM初期費用は『OCN モバイル ONE』、容量シェアサービスは『mineo』の満足度が高かったそう。何年か先にはMVNOが主流になる日がくるかもしれませんね。

Tags:

16th 2016f 7月 2016

Posted in: 未分類

今回夏モデルが登場をして、購入をしたいと考えている方もいると思います。
新機種の中でも見てみたいものはたくさんあるのですが、その中でも注目されているのが「Galaxy S7 edge」です。
サムスンから登場をした機種で、今回人気を集めている商品でもあるようです。
今回、「Galaxy S7 edge」も新機種だという事もあり、前の機種と違い変化もあるようです。
それは画面の迫力です。
画面は5.5型となっており、大画面でスマホが見られるようになっています。
そして、カメラの性能もアップしているので、使用をすればその違いを感じられるようになっています。
また、防水機能も付いているので、かなり人気が出てくるのではないのかなと思っているのです。
すでに注目されているという事もあるので、これから売上もどのようにアップをしていくのか楽しみです。
価格は6万4800円となっているそうなのですが、安くなっているソニーよりも人気があるのでやっぱり注目をしている方が多いんだなと感じましたね。
スマホの売上も心配をされている中で、このようなものを見ると嬉しいなと思います。
スマホも色々な所に注目したいですね。

http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-battery-management.html

Tags:

11th 2016f 7月 2016

Posted in: 未分類

au田中社長が語った“ユーザー最重視”、「大きく変わる」決意とは。KDDIは、5月31日、2016年の夏モデルの端末ラインナップや新サービスを披露する発表会を開催し、KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏が登壇しプレゼンテーションを行い、この夏以降の取り組みを解説しました。この日、会場で報道陣に配布された紙の資料の中で、ニュースリリースの束に混じって、厚紙に印刷された“決意表明”が配られました。拡大印刷したものが端末展示会場にも貼りだされていたほか、KDDIのWebサイトにも掲載されたのです。「変わる」「Change」といったキーワードは、日常生活の中でも度々目にし、ありふれた表現といえるが、今回の発表会ではこうした掲出によって、始まる前から「変化」に対する意気込みが感じられたのです。この日発表されたニュースリリースの中にも、「お客様の声を反映」といった言葉が随所に登場しています。本稿ではプレゼンテーションで「新端末」「新サービス」(世界データ定額)「新プログラム」の大きく3つに分けて解説されたうち、最も時間が割かれた「新プログラム」の「au STAR」のプレゼンテーションを中心に、田中社長が意図した「変えていく」姿勢についてまとめています。
 

Tags:

08th 2016f 7月 2016

Posted in: 未分類

スマホバッテリーに負担をかけることってなんなのでしょうか。このことを知っておかなければ絶対にならないと思うのですが。当たり前に、充電しながらスマホを使っている人たちがいます。この方法が案外スマホバッテリーに負担をかけない方法と勘違いをしている人たちがいるようです。

しかし、全然違うのです。いろいろ技術も駆使してレベルもあがっているのかもしれませんが、未だ用心しなければならない問題は、バッテリーの「発熱」です。

通信を頻繁にしたり、CPUやグラフィックチップに負荷をかけるゲーム・動画アプリで、ほとんどグロッキーです。そんな状態で充電するなんて、正直に言えば、そんなみなさんの態度が恐いのです。

だから、みなさんのスマートフォンバッテリーは、既に高齢者となってしまったのかもしれません。半年程度しか使用してないというのに、もうスマートフォンはボロボロなおばあさん、そんなことが当たり前のように、起こっているのです。

Tags:

22nd 2016f 6月 2016

Posted in: 未分類

 

スマホ比較しましょう。Umobileはどうなのでしょうか。高速通信無制限のLTE使い放題がかなり評判です。Umobileを使用している人たちは、実際に満足しているでしょうか。

ストレスなくスマートフォンを使い続けることが出来ているでしょうか。

Umobile LTE使い放題で、月々の支払い額は2,480円 です。キャリア3社では、ネット使い放題とうたっているものでも、データ通信量に7GBまでなどの通信制限があることにちょっとイライラしていた人たちも、U-mobileなら通信制限がありませんので、安心して利用していただくことが出来ます。使い放題だから、私達はスマホをストレスなく使用し続けることが出来るんです。

他にも格安SIMがいろいろあります。ただ一言、かなり使用するという人たちは、U-mobileがいいと思うのです。通信速度は、場所によって繋がりにくいということがありますけど、別に、この程度ならという感じです。 U-mobileはスマホ音楽という人たちにもかなりおすすめ出来ます。

 

Tags: