04th 2016f 12月 2016

Posted in: 未分類

ポケモンGOもほかのスマホ ゲームアプリのように頻繁にアップデートを行い面白くなっていくのですが、それと同時に「ん?」と頭をひねってしまうような事象も起きています。

最近のアップデートで私が「あ!これ良い」と思ったのは、BGMが途切れなくなったこと。ポケモンが出現しなくなってバトルの時間もなくなると同時に、前はBGMまで鳴らなくなっていたんですよ。これがまた寂しいのなんのって^^ゲームをしてるはずなのに、音が出ないというのは何とも間の抜けた感じに。でも少し前からBGMが途切れることなく鳴り続けるようになったんですよ。「そうそう!これがゲームを楽しませる一つの要因なのよ!!」と、改めて感じた瞬間でした^^

でも、一方でポケストップを中心にポケモンが大量発生するようになったり、ゲームを立ち上げてすぐ、数秒固まる現象が起きるようになりました。これは前は無かったこと。もっとサクサク進んでゲームに入っていました。

ま、これもしばらくすると改良されるとは思うのですが、さらに楽しいアップデートを期待していきたいですね♪

Tags:

19th 2016f 11月 2016

Posted in: 未分類

スマホ機能と言えばやっぱり活用をするのがアプリだと思います。
スマホアプリでたくさんの人が活用をしているものと言えばインスタですよね。
今年のハロウィンもかなり盛り上がったみたいで、渋谷にはたくさんの人でにぎわっていました。
そんな中で、インスタではたくさんの仮想をしている人の写真が溢れています。
ハロウィンとなるとみんなやっぱり仮想をしたくなるものなんですね。
仮想をしていて、楽しんでいる若者がたくさんいて、本当にびっくりしてしまいます。
本当にハロウィンはここ数年ですごい事になっていますよね。
今では、日本にはハロウィンは大きなイベントとなっています。
インスタを見ていれば、かなり面白い仮想がたくさんあるので見てもらいたいものです。
今から来年のハロウィンはどんな衣装にしようかと考えている方もいるのではないでしょうか。
また、渋谷のハロウィンには芸能人もまぎれている可能性があるのでよく見てみると誰か見つけれるかもしれませんね。
インスタでどんな風にハロウィンを楽しんでいるのかを見てみるのもいいかもしれませんよ。
インスタで良いものがあれば、いいねをしてみたいものですね!
また、自分でインスタを楽しんでみるのもいいかもしれません。

Tags:

16th 2016f 11月 2016

Posted in: 未分類

エレコムは、Bluetooth対応車載FMトランスミッタ2製品を10月下旬より発売します。価格はオープンプライスとなっていますが、店頭予想価格は急速充電用USBポートを備える「LAT-FMBT01」シリーズが2,980円前後でUSBポートと重低音ブースト機能を搭載した「LAT-FMBTB01」シリーズが3,280円前後となりそうです。カラーはどちらもブラックとホワイトの2色を用意しています。スマートフォンなどの音楽やアプリ音声をBluetooth経由で受信し、カーオーディオにFM伝送するトランスミッタ。Bluetooth 4.2準拠で、対応プロファイルはA2DP。コーデックはSBCに対応しています。さらに「LAT-FMBTB01」シリーズは重低音ブースト機能も備えていて、音楽を迫力あるサウンドで聴けるとしています。共通仕様として、著作権保護方式SCMS-Tに対応し、ワンセグ音声の聴取も可能で、通信距離は最大10mです。また、最大8台までのマルチペアリングに対応し、複数の機器を登録できます。FMの送信周波数は88.1/88.3/88.5/88.7MHzの4バンドで、側面にペアリングボタンとFM周波数の切り替えボタンを備えています。最後に使用した周波数を記憶する「ラストメモリ機能」を備えているのも特徴と言ってもいいでしょう。
スマホ 電池 長持ちさせる方法はこちら

Tags:

06th 2016f 11月 2016

Posted in: 未分類

スズキは10月17日、軽乗用車の「スペーシア」「アルト ラパン」「ハスラー」、小型乗用車の「ソリオ」「イグニス」の5車種にメーカーオプションとして設定している「全方位モニター付メモリーナビゲーション」の機能を拡充させる更新ソフトウェアの配信を開始しました。新しいソフトウェアバージョン「VER.03.00.09」では、Googleが提供しているAndroid OSを採用したスマートフォンとカーナビを連動させる「Android Auto」に対応しているのです。AndroidスマホをUSBケーブルを使って接続することで通話、音楽再生、メッセージ送受信など多彩な機能がナビ画面で操作可能になる。なお、Appleの「CarPlay」については、1月25日に配信を開始した更新ソフトウェア「VER.01.02.00」ですでに対応しています。これに加えて、高精度の渋滞回避案内や災害情報の受信などが可能になる新交通情報サービス「VICS WIDE」、ETC2.0車載器と連携した高速道路の料金割引といった新サービスにも対応し、検索可能な施設の追加などナビゲーション性能を向上させ、利便性をさらに高めています。更新ソフトウェアへのアップデートは、使っているメモリーナビゲーションのソフトウェアバージョンを確認の上、アップデートファイルのダウンロードサイトから更新ソフトウェアをダウンロードします。圧縮されているデータを解凍し、8GB以上の容量を持つUSBメモリ(NTFS形式フォーマット)を使ってメモリーナビゲーションにデータを移し、アップデートの予想時間は約40分です。

Tags:

26th 2016f 10月 2016

Posted in: 未分類

TomTomがIFA 2016で3つの新しいウェアラブルを発表しました。同社はGPSで名を知られていますが、近頃はうって変わってウェアラブル市場に取り組もうとしています。IFA2016で明らかになった、市場介入の武器である新機能についてまとめました。1つ目のウェアラブルは、TomTom『Touch』。価格は130ドルで、3つのウェアラブルの中でもっとも安価なものです。このウェアラブルは、歩数や睡眠、アクティビティ、心拍、体組成などを計ることができるようになっています。2つ目の『Spark 3』は、より多くの情報をスクリーンに表示できるように作られた少々大きめのウェアラブルです。Touchがもつ機能の多くを備えていますが、一番基本となるモデルでは心拍数を計ることはできません。その代わりに、GPSトラッキングが追加されています。TomTomは、今後500曲程度を保存しておける3GBモデルも販売する予定です。ちなみに、ほぼすべてのプラットフォームから音楽をインポートすることが可能となっています。3つ目は、新しいTomTomのウェアラブルのうち、もっとも高価なフィットネストラッカーである『Adventure』です。価格は350ドルで、これにはSpark 3で手に入るすべての機能が備わっています。
スマホ電池を長持ちさせる方法

Tags:

21st 2016f 10月 2016

Posted in: 未分類

この間登場したiPhone 7が登場したことで、ソフトバンクは下取りの機種の変更をしました。
その変更をした機種には、iPhone 6s/6s Plusが登場をしたようです。
この間発売をしたような気がするのですが、もう下取りを開始しているようです。
iPhone 7を購入する人も多いと思うので、それを気にスマホを下取りしてもらうなんて人もきっと多いと思います。
ソフトバンクで下取りをしてもらうと、iPhone 7を購入した時に割引を受けることが可能となっています。
なので、新機種に乗り換えなんて考えている方は、これがチャンスかもしれません。
また、割り引き価格も機種によって違いがあるのですが結構大きかったりします。
iPhone 7を安く購入する方法にもなるのです。
スマホも価格が高い分、少しでも料金を安くしてもらえば機種代を安くすることが可能となります。
今スマホを購入しようと思っている方は、ソフトバンクの方に話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。
iPhone 7の購入を考えている方はたくさんいると思うので、丁度いいチャンスなのかなと思ったりもします。
スマホデビュー月月割も同時にスタートするそうなので、スマホを始めて持つ方にもお得に使用ができるチャンスです。

Tags:

07th 2016f 10月 2016

Posted in: 未分類

夏になれば、撮影をしたくなるのが花火だと思います。
でも、この花火撮影が簡単なようで、結構難しいものなのです。
撮影をすると、タイミングがわなかったり、ブレたりするので本当に難しいのです。
せっかくのキレイな花火を保存できないのは悲しいですよね。
でも、そんな花火をキレイに保存をしたい方におすすめのスマホがあります。
「Galaxy S7 edge」なのですが、スマホカメラのモーションフォトを利用をすれば、すごくキレイに撮影ができるようになります。
スマホ自体を変えなくてはいけないのですが、でも花火を夏になったら撮影をしたいなんて方はいいかもしれません。
これから、買い替えなんて方の方は検討をすればいいですね。
実際に花火を撮影した写真を見てみたのですが、すごいキレイなのでびっくりしてしまいました。
これは高性能なカメラ並みかもしれません。
ぼやけることなく、くっきりと花火が撮影されていて、色合いもキレイに出ているのです。
思い出として好きな花火を保存をするのにはいいかもしれません。
花火の時期には、かなり大活躍をしてくれそうなスマホだなと感じています。
スマホカメラでキレイに花火が撮影ができれば気持ちがいいものですね。

Tags:

18th 2016f 9月 2016

Posted in: 未分類

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドで、USB DACを搭載した、Bluetooth対応CDミニコンポ「X-U6」を9月下旬に発売します。NFC機能を備え、対応するスマートフォン(スマホ)をかざすだけで接続できるようになっています。Bluetoothに対応する機器とワイヤレスで接続できるほか、iPod/iPhone/iPadをUSB端子に接続すれば、音楽を再生しながら充電もでき、PCと接続できるPC入力(USB TypeB)端子も備え、PC内に保存している音楽データも高品位に再生できます。また、AMラジオの番組をFMで補完放送する「ワイドFM」に対応し、AMラジオが入りにくい場所でも、FM放送でAMの番組を聴くことができます。1回動作、毎日動作、指定した曜日に毎回動作の3種類を選べる「タイマー機能」を搭載し、設定は4つまで保存できます。設定時間が経過すると自動的にスタンバイ状態になるスリープタイマー機能も備えています。インテリアに合わせやすいよう、つなぎ目をなくしたシームレスなデザインに仕上げてあり、独自のオーディオ設計によって、さまざまなジャンルの音楽をバランス良く再生し、自然な音色を楽しめます。再生周波数帯域は80Hz~20kHz。価格はオープンで、税抜の実勢価格は3万円前後の見込みとなっています。

Tags:

04th 2016f 9月 2016

Posted in: 未分類

日本でリリースされてから1か月が経とうとしているスマホゲームアプリ『ポケモンGO』。これまでリリースされたどの大ヒットゲーム作よりも最速でアプリランキング1位となり、同期間での過去最多ダウンロード数を更新するなど、かつて経験したことのないほどのムーブメントを生み出しています。このゲームがもたらした最大の功績は、人々に「拡張現実(AR~Augmented Reality System)」の世界を体験させ、認知させたことにあるだろう。「こんな世界があったのか」と思わせるには、『ポケモンGO』ほど有力なツールはなかったのではないでしょうか。AR自体は2009年頃からネット企業や情報技術の世界では注目されていた技術で、すでにこれまでも色々なサービスが考案されている。それが『ポケモンGO』によってようやく世間の注目を集めるようになったわけですが、過去の新技術も誕生から普及までに一定の年月を要し、また象徴的な製品が普及に貢献してきているのです。例えば、パーソナルコンピューターという概念自体は半世紀ほど前からあったのですが、実際には『Windows 95』の登場によって1995年より人々に広く普及しはじめたのと同じようなものです。また、モバイル、スマートフォン時代の幕開けは、2007年の「iPhone」登場がきっかけだったのですが、当初、大手金融機関より「こんなものは売れない」などというレポートも出ていたのが、フェイスブックが上場した2012年頃から本格的にスマホが普及しはじめました。その頃ようやく「モバイルを制するものはインターネット市場を制する」とも言われ出したのだ。今やモバイルはトレンドでなくなり、誰もが利用する空気のような存在となったのです。
必ず押さえたいスマホバッテリーの基本

Tags:

31st 2016f 8月 2016

Posted in: 未分類

アキバで売れているのがモバイルバッテリーです。ポケモンGOはプレー時のバッテリー消費が激しいことで知られ、スマホ本体のバッテリーだけではとても1日は持ちません。バッテリー切れを気にせず楽しみたい人が、続々とモバイルバッテリーを買い求めているのです。あきばお~の小波津義隆氏は、「ポケモンGOが配信されてから、モバイルバッテリーの売り上げが明らかに伸びた」と話します。同店は、独自ルートで中国から直輸入したモバイルバッテリーを多数そろえており、iPhoneを3回フル充電できる10000mAhの大容量タイプも1389円(税別)という安さで並んでいました。大型量販店では見かけないユニークなノーブランドの格安品が手に入ることが注目されているようです。しかし、小波津氏は「ひとくくりに格安品といっても、チェックすべきポイントはある」と解説します。そのポイントが、使われているバッテリーのセルのメーカーや生産国だ。パナソニックをはじめとした国内メーカー製のセルは基本的に性能が高く、セル1個あたりの容量が大きいのです。つまり、同じ容量のモバイルバッテリーでも、海外メーカー製のセルを採用した製品よりも小型軽量で済む場合がほとんどで、モバイルバッテリーはお荷物だと感じるアイテムなので、少しでも小さく軽いものを探すとなると「国内メーカー製セル搭載」がキーワードになるわけです。国内メーカー製のセルは1000回以上の充放電に対応するなど、バッテリー自体の寿命が長いというメリットもあります。
 forbesjapan.com

Tags: